• 海外美術留学準備コース

The world could always use more heroes!

最終更新: 2018年8月28日


ご無沙汰してます、鳥海です。 新学期に入って最初の話題は趣味の話です。

Overwatch って皆さんご存知ですか。

今私がドハマりしているオンラインシューティングゲームなんですが、リリース前から大変な人気のゲームで、去年のGame of the Yearにも輝いた作品なんです。 キャラクターが入り乱れて戦うという意味ではスマッシュブラザーズみたいなゲームシステムを想像していただければいいんですが、それよりも3次元的で、チームワークと戦略が必要な構造になってます。もっと細かくゲームの醍醐味を語りたいところですが、まだまだ初心者の私が語るのは場違いなので、ここではこのゲームの最大の魅力、その世界観をちょっとご紹介したいと思います。

再結成されたヒーロー部隊

Overwatchとは世界の荒廃に立ち向かうため構成された国際組織。秀でた能力を持った世界中のヒーロー達は団結して世界に平和をもたらしました。けれどある時期を機に彼らは解散に追い込まれてしまいます。しかし再び世界の混乱を目の当たりにした彼らはOverwatch を再結成。世界中に散っていたヒーロー達は再びひとつの名のもとに立ち上がります。

プレーヤー達を掴んで離さないストーリーテリング

文字に起こすと結構漠然としたストーリーになってるのですが、これを肉付けしていくために、それぞれのキャラクターのバックグラウンドが色々なメディアで公開されているのですよ。 それの一つが短編映画。これはYoutubeで公開されているもので、すごいんですよクオリティが!!キャラクターデザインがどちらかというと日本のアニメに近いような、日本人にも親しみやすいスタイルになっていて、それがディズニー顔負けのアニメーションで動くんですから!!!しかもそれぞれのキャラのゲーム内での技をうまく組み込んだアクションになっていて、それがますますゲームの想像力を広げてくれるという。 まあ観てみてくださいな。




























人種、性別の幅を超えた個性的なチームメイト

Overwatchの最大のテーマの一つが多様性。それを象徴するのがキャラクター達です。 彼らは世界各国から集められた精鋭たちということになっているのですが、とても個性豊かなんですよ。老若男女幅広いキャラクターが等しく活躍していて、かつそのデザインも、女の子だからみんな若く可愛く、とかだけではなくて、片目パッチの初老のお母さんキャラとか、短髪のムキムキなお姉さんもいたりして皆かっこいいんですよ~。そして彼らは皆違う国の出身なので、その国の文化を生かしたデザインになってます。それも絶妙で、いわゆるステレオタイプ、共通認識的なお国柄を活かしながらも、そこに新しいエッセンスを加えられていて、噛むほどに味が出る個性になっているんです。そして特に海外留学を目指している皆さんには英語版をプレイすることをお勧めしたいのですが、その最大の理由が彼らの台詞。英語版だと、基本は英語をみんな喋るんですが、必殺技とかを母国語で放つんですよ!!これがみんなすごくかっこよくて!!なので、英語の勉強にもなるのでぜひ英語版でトライしてみてくださいね。


とにかく惚れ惚れするんですよね。彼らはそれぞれ違うバックグラウンドを持ちながらも、それに過剰に固執することも無視することもなく、ひとつのチームとして協力していく姿が、国際性とはこうあるべきじゃないか、と。たかがゲームの話ですが、昨今のニュースを見ていると、ゲームからでも何でもいいから、少しでも社会の視野が広がってくれればいいのになと思ってしまいます。

45回の閲覧

© 2018 by Sokei Academy of Fine Art and Design / International Art and Design Preparatory Course