• 海外美術留学準備コース

ついにカルアーツ到着!


まずカルアーツについて、(私のイメージの)概要をお話ししたいと思います。公式の内容は学校のサイトなりwikiなりでご参照ください。

このページを見てくださってる方にはアニメーション志望でカルアーツを目指している方が多いのかなと思いますが、カリフォルニア芸術大学ですので他の科もかなり人気で倍率が高いです。

それぞれの学部名と生徒の割合はこんな感じです(2013-2014のデータ)

Art - 21.3%

Critical Studies - 3.7%

Dance - 6.2%

Film/Video(キャラクターアニメーションはここに入ります) -26.9%

Music - 20.4%

Theater - 21.5%

ロサンゼルスから車で小一時間のバレンシアというところにキャンパスはありまして、知名度の割にだいぶこじんまりしてます。一歩出れば砂漠と高速道路ですし。けれど周辺の町の治安は良いと思いますし、人が皆朗らかです。それに気候はザ・カリフォルニア!な、雲一つない空にサングラス必須な日差しで、乾燥地独特の並木が白い舗道に落とす青い影なんかはいかにもピクサーが使いそうな色合いで、明るくて良いところです。 そして、キャラクターアニメーションについてですが、ディズニーやピクサーに卒業生が多いとか、カートゥーンネットワークはカルアーツネットワークだなんて言われているくらい、アメリカのアニメーションに多く関わっているカルアーツですが、過去の生徒作品や今年受かった他の子の作風を見ている限り、そこまでデズニーデズニーした絵柄を求めているわけでもないんだなっというのが私の今の印象です。

私自身デズニーというよりどっちかというとアニメっぽい絵柄ですし。それよりも個性の豊かさが大事なみたいですね。それぞれの個性は違えど、それを活かしたアニメーションを作れる技術を教えてくれるのがカルアーツのアニメーション科なのかなと思っています。

こんな感じで、学校の様子やアニメーションの事など少しはお役に立ちそうな話を随時書いていきたいと思うのでよろしくお願いします。

0回の閲覧

© 2018 by Sokei Academy of Fine Art and Design / International Art and Design Preparatory Course